ファイナンシャルプランナー3級を受験する意義について

FP1級への道

今回は、ファイナンシャルプランナー(FP)3級を受験する意義について、僕なりの考えを書きたいと思います。

ちなみに僕は、先日行われた2019年1月実施の試験で2級に合格しています。

【3級 合格】 → 【2級 合格】 と来たので、次は1級!と思ったのですが、ここから1級への道が長いようです。これについては、また別の記事でお話ししようと思います。

 

FP3級を受験した理由について(がなふぁいの場合)

僕の会社での業務は、いわゆる金融や保険といったFPに関係のありそうなものではなく、技術系のエンジニアです。エンジニアって言っていいのかな(笑)まあいいか。

じゃあなんでわざわざ受けるの?となるのですが、これはずばりお金に関する知識を増やしたかったからです!普通のことを偉そうに言ってます(笑)

楽天ポイントをいかにして貯めるかだとか、ふるさと納税はオイシイだとかそういった話が好きなのです。

あとは、「知らなかったために損をする」というのが嫌ですね。

といった理由から、情報弱者にならないために、FPを受験しようと考えたわけです。

 

ファイナンシャルプランナーというのは

ファイナンシャルプランナーとは。。。

FPとは、一人ひとりの将来の夢や目標に対して、お金の面で様々な悩みをサポートし、その解決策をアドバイスする専門家です。個々人や家族のライフプラン(人生設計)に基づく将来の収支の見通しを立て、最適な資産設計・資金計画を提案、アドバイスを行い、その実行をサポートします。そのため、FPはお金の面から家計の改善を図る「家計のホームドクター®」とも呼ばれています。
FPは職業の名称で誰でも名乗ることができます。ただし、「くらしとお金」に関するアドバイスは多岐にわたるため、FPには年金や保険、資産運用、税制、住宅ローン、相続など、幅広い専門知識が求められます。そこで、「くらしとお金」に関する様々な専門知識を有していることを証明するのがFP資格です。

日本FP協会:https://www.jafp.or.jp/confer/fpsoudan/choose/performance.shtml

とありますが、職業経験のない人がFPの資格だけで他人にアドバイスを行うことは難しいと思います。

端的に言うと、資格自体に大きな意味はないと思います。

 

資格を取る過程に意味がある

社会では過程より結果が重視される場合がほとんどだと思います。

しかし、FPの受験については結果より過程が重要であると思います。

試験に合格するだけでしたら、過去問を数回分解いて覚えれば合格点に達すると思います。しかしこれでは、試験が終わってしまうと情報が頭に定着しにくいように思います。

そうではなく、効率は悪いかもしれませんが、テキストを最初から最後までしっかりと読み込む方が情報が頭に定着しやすいと思います。

その結果、試験が終わっても学習した情報を身に着け続けることが出来るため、その後の生活に役立てることが出来るようになります。

じゃあ勉強だけして受験はしなくても良い?

勉強が目的なら、わざわざ受験料を支払ってまで試験を受ける必要はないのか。

という考えになりますが、これについては受験の意味はあります。

要はモチベーションの問題で、受験料まで払ったんだから勉強しなきゃもったいない。という思考になるわけです。

人間はだらけたい生き物なので、時にはこういった強制力も必要かと思います。

勉強してFPの知識がどんどん増えて、ついでにFP3級の資格まで得られたらとても気分が良いですよ!

まとめ

ここまでいろいろ書きましたが。。。

何事も勉強することにデメリットはないので、少しでも興味が沸いたら挑戦してみるのが一番だと思います。

ファイナンシャルプランナーの資格勉強を通じて、豊かな日々を作っていきましょう!!

FP1級への道
スポンサーリンク
がなぷら