【日向坂46】10年後のために読んで下さい!写真集「立ち漕ぎ」の感想

小ネタ・豆知識

こんにちは、がなふぁい(@ganafai46)です。

 

先日、日向坂46の1st写真集「立ち漕ぎ」がリリースされました。

僕もイチ日向坂ファンとして、予約購入し手元に1冊あります。

 

恒例となっている秋元康先生の帯コメントを眺めつつ、写真集を読んでみました。

「日向坂46のストーリーは始まったばかりだ。10年後のために、今から読み始めて欲しい」

新潮社より引用

 

僕は、日向坂46のデビューカウントダウンライブに参戦&感動し、このグループを最後まで応援し続けようと決めました。 この写真集が10年後のためになるのなら、喜んで読ませて頂きます。

 

※ネタばれ要素も若干含んでいますので、未読の方はお気を付けください。「まだ読んでないから中身知りたくない~」という方は、ブラウザバックをお願いします。

 

スポンサーリンク

10年後のために読んで下さい!写真集「立ち漕ぎ」の感想

結論としては、この写真集が10年後のためになるのなら、もはやファン必読ですよね。

 

感想の前に:写真集「立ち漕ぎ」商品概要

 

写真集概要

参加メンバー:井口眞緒・潮紗理菜・加藤史帆・齊藤京子・佐々木久美・佐々木美玲・高瀬愛奈・高本彩花・東村芽依・金村美玖・河田陽菜・小坂菜緒・富田鈴花・丹生明里・濱岸ひより・松田好花・宮田愛萌・渡邉美穂・上村ひなの・(影山優佳)

撮影地:沖縄

ページ数:176ページ

 

坂道シリーズの元気印、「日向坂46」初のグループ写真集。4泊5日の沖縄での、修学旅行感あふれる“ハッピーオーラ”な写真はもちろん、プールではしゃぐ姿や、初のランジェリーカットを撮ったメンバーも! みんなの素顔が満載。

新潮社より引用

 

感想:日向坂らしい仲の良さが表れている一冊

今回の写真集は「ソロ」ではなく「グループ」の作品です。読む前の僕のイメージとしては、グループとして出すからには、日向坂のテーマである「ハッピーオーラ」が感じられる作品であってほしい、という思いがありました。

 

実際読んでみた感想としては、日向坂らしい仲の良さが至る所に表れていて、おひさまも納得の「ハッピーオーラ」を感じることが出来ました。おひさまであれば、あれこれ言わずに読めばいいんです。

 

ファンとしては、メンバー同士が仲良くキャッキャしてる姿さえ見られれば、それだけで満足なんだと思います。ということでワガママなお願いですが、年一でグループ写真集出してください!運営さんよろしくお願いします。

 

みどころ:感想なので「ひいき」あります

※ネタばれにご注意ください。

いくつかみどころをコメントしていきたいと思います。誠に勝手ではありますが、僕のブログなので推し補正があることをご了承ください。

 

当たり前ですが、文面だけだと「何のことやらさっぱり」となってしまいますので、気になる方は写真集ゲットしてくださいね。

 

船の上:めいめいとささくの2ショット

このめいめい可愛すぎですよね。特に変わったところの無い、単なる一枚のはずなんですが、ついつい見とれてしまいました。

この調子だとキリが無いので、先に書いちゃいます。「めいめい全ショット最高です!」僕の推しメンなので、勘弁してください。

 

ひよたんが結構登場していてうれしみ

現在活動休止中の「ひよたん」こと濱岸ひよりさんですが、この写真集にはたくさん登場してくれています。最近はひよたん不足に悩まされていたので、ありがたい限りです。

 

謎の戦隊ポーズ

丹生、河田、 渡邉 、佐々木久、東村の5人がポージングしている一枚です。

この5人が考えていることを当てます。

丹生:こういう時は、真顔でポージングだよね!

河田:ん~良く分からないし、、、ガッツポーズ!

渡邉:よーし、体勢は低めに、強そうなポーズでいくよ!

佐々木久:大人の余裕ポーズです

東村:くみのマネ~

大体合ってるはず。

 

キン肉マン的なポーズなのか?

ハンモックで魅せる、みほの美しい寝顔までは分かるんだけど。

隣のページで、スーちゃんに頭を鷲掴みにされてる構図がインパクト大です。

 

スイカを超絶美味しそうに食べる河田さん

これはもうキセキの1枚と言っていいでしょう。何とも言えない表情でスイカを食べている河田さん。見開きページで採用されちゃってます。

 

Snow Princess Angel

本当にありがとう。

 

ちょっと残念な点: メンバーによって、写る回数に差がある

つい何度も見返しちゃう素晴らしい写真集ですが、ひとつだけ残念な点があります。

メンバーによって、写る回数に結構差があることです。一々数えたわけではありませんが、一周読み終えたところでそう感じる方も多いと思います。

 

アイドルは人気商売なところも当然あるので、写る回数に傾斜をつけるのは当然の判断だとは思います。しかし一方で、せっかくのグループ写真集なんだからもうすこし満遍なく写しても良いのでは、と思ってしまいます。

 

この点を次回作に期待しつつ、この辺で終わりたいと思います。