【日向坂46×DASADA】結局今回も神イベ!セトリ+ライブの感想「LIVE&FASHION SHOW」

ライブレポート

こんにちは、がなふぁい(@ganafai46)です。

 

日向坂46のライブには何度も参戦しています。

ライブが終わって毎回思うことは、「来れてよかった~」です。

 

先日行われた、「日向坂46×DASADA LIVE&FASHION SHOW」に参戦してきました!!

普段のライブとは違い、注目すべきポイントが盛りだくさんでした。

・ファッションショーってどんな感じになるんだろう

・小坂菜緒(センター)不在のライブは果たして・・・

・濱岸ひより(ひよたん)復帰後初のライブ!

 

がなふぁい
がなふぁい

ひよたんが出てきたら、俺泣くから

会長
会長

お、おう。楽しみ方は自由です。

今回のイベントに関して、ライブレポという形でつらつらと書いていこうと思います。

よろしければご覧ください。

 

スポンサーリンク

【日向坂46×DASADA】結局今回も神イベ!セトリ+ライブの感想

日向のライブにハズレ無し。

 

前半:ファッションショー -DASADA-

前半はファッションショーです。

始まる前までは、どんな雰囲気なのか全くの未知数でした。

1日目DASADAファッションショー構成

1:ランウェイ(クール衣装)

2:VTR(小坂メッセージ)

3:VTR(DASADA紹介)

4:ランウェイ(DASADA衣装)

5:VTR(DASADA会場限定ストーリー)

ランウェイは衣装を変えて、2セット行われました。

参加メンバーはひよたんを除く全員でした(2日目はひよたんも登場したようです)。

 

なるほど、これがランウェイか

本当のガールズコレクションに行ったことが無いため、未知の状態で始まりました。

クラブで流れていそうな音楽と共に、メンバーが一人ずつ花道(ランウェイ)を歩き始めました。

おひさま(ファン)たちは、手に持ったペンライトやうちわを振りつつ、メンバーがポーズを取るたびに歓声を上げていました。

 

なるほど、要するにおしゃれに着飾った推しメンを見て、うれしい気持ちになればいいというわけだな。

楽しみ方は、たぶんこれで合っていると思います。

 

おしゃれなメンバーの動く姿は貴重かも

ライブや握手会で着ている服とはテイストが違うため、ブランド品で固めたメンバーは貴重かもしれません。

 

個人的にはひなののオーラがものすごく出ていて、文字通り見とれてしまいました。

最年少でありながら、あのオーラは只者ではありませんね(変化球攻めが得意)。

 

後半:ライブ-日向坂46-

ここからは後半戦のライブパフォーマンスです。

僕が参戦した1日目のセットリストはこちらになります。

1日目DASADAライブセットリスト

0:Overure

1:青春の馬(センター金村)

2:ホントの時間(センター:加藤・齊藤)

3:こんなに好きになっちゃっていいの? (センター:齊藤)

4:川は流れる

5:線香花火が消えるまで

6:割れないシャボン玉

7:キレイになりたい

8:永遠の白線

9:ナゼー

10:JOYFUL LOVE (センター:渡邉)

11:誰よりも高く跳べ!

12:NO WAR in the future

13:ドレミソラシド(センター:丹生)

14:キュン(センター:加藤)

15:キツネ(センター:河田)

16:ソンナコトナイヨ(センター:東村

~アンコール~

17:約束の卵

水色が4thシングル収録の新曲

緑色がひらがなけやき時代の楽曲

前半にファッションショーがあったので、ライブは10曲くらいなのかな~と思っていたらこれですよ。

全17曲の満足ボリュームでパフォーマンスを披露してくれました。

センターの小坂(こさかな)が不在ということで、各曲で代理センターという形をとっていました。

 

ひらがな時代の楽曲も披露

なんと今回のライブでは、ひらがなけやき時代の楽曲も披露してくれました。

かつてのド定番曲だった永遠の白線(1期生全体曲)と、アルバム「走り出す瞬間」収録の3曲(2期生ユニット曲)ですね。

振り返ると「キレイになりたい」が発表された当時、注目していたのはみほだけで、こさかなと丹生ちゃんはノーマークだったんですよね。

がなふぁい
がなふぁい

丹生ちゃんをチェックしてないってどういうこと!?

会長
会長

ガチで一生の不覚。いや、がなくり2018あたりでさすがに気付きましたよ!

線香花火が消えるまで 【金村/富田/松田】

割れないシャボン玉 【河田/宮田/濱岸】

キレイになりたい 【小坂/渡邉/丹生】

こさかなが不在ということで、今回のキレイになりたいは2人での披露でした。

いつか3人のダンスをもう一度見てみたい!

 

8:永遠の白線

永遠の白線では、曲の最後に各メンバーが順番にポーズを披露するシーンがあり、さらに不在&卒業メンバーのポーズも全員で引き継ぐというエモい場面でもあります。

今回は、影山・ねるに加えて、めみと井口もポーズに含まれているのを確認できました。

井口のポーズは「君がNo.1」のように見えました

 

10:JOYFUL LOVE 大作戦

恒例となっている、ジョイラ作戦ですね。

曲振りでも、みほが「みなさん虹を作ってください!」と言っていたので、もはや日向坂46公認の行事と化しています。

言うまでもなく、今回も最高の虹でした!おひさま最高かよ!

 

16:ソンナコトナイヨ

大盛り上がりの終盤戦で、新曲のソンナコトナイヨが披露されました。

センターは・・・東村(めいめい)でした(歓喜

曲のテンポが速く、それに伴いダンスも激しめでしたが、そこはセンターがめいめいなので問題なしといったところです。

めいめい「ソンナコトナイヨー」

サビ後の「ソンナコトナイヨー」では、めいめいのカタカナ表記に忠実な発声で、会場は大盛り上がりでした。

 

 

すさまじい成長速度、変わることは美しい

Image by Sathish kumar Periyasamy from Pixabay

油断してると、置いていかれます。

 

めいめいが大人に戻った瞬間

前半のファッションショーですが、1日目はクール系+DASADA衣装、2日目はカワイイ系+DASADA衣装という構成でした。

僕は1日目の参戦でしたので、クール系ファッションの日向メンバーとご対面。

 

当たり前ですが、どのメンバーもクール系がばっちり似合っていて良いな~と思いながら見ていました。

そんな中、ひとりだけ2度見するほどの変貌を遂げていたメンバーが・・・。

21歳の東村芽依が歩いていました

 

カッコ良すぎて、衝撃を受けました。

普段は5歳児なので、急に21歳の魅力を見せつけられるとどうしたら良いか分からなくなってしまいました。

結論、ファッションショーを企画してくれて本当にありがとうございました。

 

 

チームカラーはセンターが作るものではない

今回のライブ、センターこさかなが不在で一体どうなるのかという点でも注目されていました。

結果として、全く問題ありませんでした。

※こさかなが不要という意味では決してありません(言うまでもなく

 

「曲のイメージ、グループのカラーを作り出しているのは、センターだけでは無い」ということを、改めて感じることが出来た良い機会となりました

メンバー一人ひとりが持っている「ハッピーオーラの量」が大きすぎて、誰がセンターをやっても楽曲のコンセプトが変わることはありませんでした。

青春の馬でセンターを務めた金村(おすし)も、気合い入りまくりで代理とはとても思えないパフォーマンスでした。 

 

強いて言うなら、加藤(としちゃん)がキュンでセンターをしていましたが、「カワイイ」と「好きだヨ」を独り占めしていて、ずるいなと思っちゃいました。

 

ひよたんの復帰に涙

先に言っておきますと、僕はガチ泣きしました。

ライブパートの1曲目「青春の馬」で、ひよたんが復活となりました。

僕はずっとひよたんを目で追っていたのですが、動きにあまりキレが無いように感じていました。

曲後のMCで話を振られたひよたんは、めちゃめちゃ泣いていて、泣きながら復帰したことを報告してくれました

曲中の動きが悪かったのは感情が溢れ出したからなんだなと思い、ひよたんのMCを見て僕は耐えられませんでした(涙

 

その後は笑顔が増えて、動きも戻っていたように思います。

復帰直後は、他のメンバー以上に気力・体力を消耗すると思います。焦らずに活動を続けていってほしいと強く願っています。

 

書きたいことが多すぎるのですが、この辺にさせて頂きます。

日向坂46のライブは本当に素晴らしいので、今後も欠かさず参戦していこうと思います。

課題→チケット取れない問題(深刻