【日向坂46】無観客配信ライブレポ!セトリで振り返る「22⼈の音楽隊と風変わりな仲間たち」の感想

ライブレポート
がなふぁい
がなふぁい

2020.7.31に行われた日向坂46の無観客配信ライブを視聴しました!

感想という形で、振り返っていきたいと思います。

 

予定していた春の全国アリーナツアーが延期となってしまいましたが、その代わり配信ライブという形でパフォーマンスをファンに向けて届けてくれました。

 

 

今回のライブの注目ポイントについて

注目ポイント
  • 無観客配信ライブならではの演出
  • 新3期生とかげちゃん(影山)の出番は?
  • サプライズ発表は?

 

本記事では、日向坂46の無観客配信ライブ「HINATAZAKA46 Live Online,YES!with YOU!〜“22⼈”の⾳楽隊と⾵変わりな仲間たち〜」の視聴レポ・感想を書いていこうと思います。

 

ミュージカル風の練り込まれた演出に大満足でした。

よろしければ、ぜひ最後までご覧ください!

 

スポンサーリンク

【日向坂46】無観客配信ライブレポ!セトリで振り返る「22⼈の⾳楽隊と⾵変わりな仲間たち」の感想

出典:unDraw

大事なライブ、見逃すわけにはいきません!!

 

概要:配信ライブ「22⼈の⾳楽隊と⾵変わりな仲間たち

出典:日向坂46公式HP

 

配信ライブ「22⼈の⾳楽隊と⾵変わりな仲間たち」

・日程・時間

 2020年7月31日(金)

 開場(配信開始)19:00 / 開演(ライブ開始)19:30

・料金

 一般:3,500円

 ファンクラブ限定特典付き:4,600円

 

チケットは2種類あり、僕はファンクラブ限定チケットを購入しました。

 

ポイントとしては、「アーカイブ無しの1回限り」ということで実際のライブと同じ状況ですね。

 

視聴環境:stagecrowdについて

ファンクラブ限定チケットの場合は、stagecrowdというサービスで視聴することに決まっていました。

 

個人的に始めて使うサービスでしたが、PCとテレビをHDMIケーブルで接続し大画面で視聴することが出来ました。

 

stagecrowdについて調べた記事もよろしければご覧ください。

 

ストーリー:個性的なキャラクターたち

日向坂46のライブと言えば、ひとつの物語になっていてストーリーがあるんですよね。ひなくり2019の時もそうでした。

 

今回の配信ライブにもストーリーがあり、公式ページで公開されています。

 

配信ライブ直前のTwitterには、個性的なキャラクターとメンバーの写真がアップされていましたね。

 

 

各キャラクターに性格や年齢まで設定があって、芸が細かいですね。

実はライブ中の物語に登場する、重要な役割を担っていました。

 

セットリストと感想:22⼈の⾳楽隊と⾵変わりな仲間たち

早速、当日のセットリストを振り返っていきましょう。

 

セトリ:22⼈の⾳楽隊と⾵変わりな仲間たち

影ナレ:新3期生

0:Overture

【第1章 音楽の街】

1:ドレミソラシド

2:ハッピーオーラ

MC①

3:ナゼー

【第2章 迷いの森】

4:期待していない自分

5:青春の馬

【第3章 雨の止まない街】

6:君のため何ができるだろう

7:好きということは・・・

【第4章 空の世界】

すずをラップ

8:誰よりも高く跳べ!

9:NO WAR in the future

10:窓を開けなくても

【第4.5章 換気の時間】

インタラクティブ

新3期生 自己紹介

【第5章 いいかげんな時計】

11:永遠の白線

12:未熟な怒り

13:ホントの時間

14:川は流れる

【第6章 消えた人魚の歌声】

15:こんなに好きになっちゃっていいの?

【第7章 偽物現る!】

16:キュン

17:ソンナコトナイヨ

18:キツネ

19:青春の馬

【最終章 虹の帰り道】

20:JOYFUL LOVE

~アンコール~

MC②

21:約束の卵

 

配信ライブでは、ボリューム満点の21曲を披露してくれました。

 

いつもと違う点として、2番が無いショートバージョン(音楽番組で披露するときの長さ)のパフォーマンスがほとんどでした。

 

これは、物語の演出ボリュームを踏まえて、バランスを取った結果だと思っています。

 

先にまとめの感想を言います

配信ライブは、約2時間半(19:30~22:00)の大ボリュームでした。

途切れることないパフォーマンスの連続に、日向坂メンバーの戦闘力の高さ・膨大な練習量がうかがえます。

 

キャラクターと一緒に困難に立ち向かうストーリーが、日向坂って感じがして良かったです。AR技術を使った演出が幻想的で、配信ライブという環境を生かせていました。

 

最高のライブを本当にありがとうございました。

 

これもうホントに実際そうなのか、ひいきなのかよく分からなくなってますけど、メンバー全員が最強で優勝なんですよね。

 

笑顔の表情からクールな視線、ワイワイ楽しんで、全力疾走、そしてやっぱり笑顔、これすなわちハッピーオーラなんです。こりゃみんな応援したくなりますよ。

 

DASADAライブ以来参戦できてなくて、少しずつモチベーションも下がっていましたが、今回の配信ライブでモチベMAX復活です。やっぱりライブが一番。

 

日向坂46が我々(おひさま)の日向坂46である限り、応援し続けようと思います!!

 

ここからは、感想を言いたい楽曲・コーナーに絞って書いていこうと思います。

よろしければ、引き続きお付き合いください。

 

 

0:Overture

日向坂のOvertureは、初めて聞いた時には「味気ない感じかな」と思っていたのですが、今では凄く気に入っています。

 

壮大な貫禄のある雰囲気が良いんですけど、それ以上に素晴らしいのが映像演出ですね。

 

ライブのたびに毎回思うのですが、めちゃめちゃ凝っててカッコいいんです。

今回も幻想的な背景にメンバーのお顔に金色で書かれた名前、そしていつものラスボス感漂うこさかなソロで登場って感じです。

 

新3期生とかげちゃん(影山)ももちろん登場していました!

 

1:ドレミソラシド

AR演出で光に包まれたメンバーが、ドレミ衣装(音符ver)で登場です。

音符衣装って時点で、音楽の街にピッタリですね。

 

曲中には、音楽隊を思わせる楽器の演奏に、それを聞いて楽しむメンバーたち。

超個人的見解として、この時点でひよたんがニッコニコだったので、今日のライブは大成功間違いなしだなと思いました。

 

4:期待していない自分

みーぱんには期待しかありません。

今回も、美しく何とも言えない表情を見せてくれました。

 

そして今回も走りました!たくさん!ありがとう!

フェスや歌番組では、メンバーの間をすり抜けるように無理やり走りにくそうに走ります。

 

ソロライブでは、みーぱんが走るために作られた足場を、みーぱんが全力疾走してくれます。

 

 

12:未熟な怒り

時間にうるさい時計とひなのの絡みで、時間が巻き戻る演出が発生!

ここで、ひらがな時代の永遠の白線と未熟な怒りを披露しました。

 

2期生曲の未熟な怒りでは、懐かしの衣装でパフォーマンスしていて思わず「懐かしい!」という感情になりました。

 

たしか「走り出す瞬間ツアー」で使用した衣装ですよね。

 

14:川は流れる

「川は流れる」は、ライブ映えする名曲のひとつですよね。

 

AR演出により、可視化された光の川の中を日向坂メンバーが歩んでゆく。

儚くも力強いパフォーマンスがARで一層引き立ちました。

 

ラストのポエトリーが大好物です。

 

18:キツネ

今回のライブ一番の見どころに「キツネ」を挙げたい、というファンの方は多いのではないでしょうか。

 

本物と偽物、白と黒の衣装に分かれた、バトルスタイルでのパフォーマンスが最高に盛り上げてくれました。

 

キツネ警察も登場して、一緒にキツネを踊るって凄いですよね。

途中で白と黒の衣装が入れ替わるという演出は、どうやら早着替えで対応しているようでした。素晴らしいの一言です。

 

 

20:JOYFUL LOVE

恒例のジョイラ作戦ですが、今回はお客さんが会場に居ないためAR映像によって虹色を再現していました。

 

ちょっと言葉では表現しにくいのですが、とにかく今回も良い感じに会場を虹色に染め上げてくれました!にくいね、おひさま!

 

最後には会場内に花火まで打ち上げられて(AR映像)、とてもきれいな光景でした。

 

21:約束の卵

アンコールでは、恒例となった約束の卵を合唱です。

最後の最後に、ようやくかげちゃんの登場です。

 

馬くんの中の人疑惑をきっぱり否定して(笑)、素晴らしい笑顔で約束の卵をみんなで歌ってくれました。

 

サプライズ:アルバム発売決定!!

アンコールのMC中に発表がありました。

日向坂46アルバム発売決定です!!

 

 

これはおめでたい!ちなみに1stアルバムなのか、2ndアルバムなのか微妙に気になるところです。

「走り出す瞬間」の扱い次第で変わりますね。

 

既に予約受付が始まっているようなので、要チェックアイテムです!