【星になりたかった君と】ドラマの感想とあらすじ・ネタバレ|日向坂46渡邉美穂主演【Hulu】

VOD
がなふぁい
がなふぁい

「星になりたかった君と」の感想記事になります!

 

先日放送されたドラマ「星になりたかった君と」を視聴した感想について、思うままに書いていこうと思います。

 

会長
会長

ミホワタナベ目当てで観たのですが、いい作品でしたね!

 

  • ひとこと感想

渡邉美穂さん目当てで視聴しましたが、青春ストーリー、恋愛ものとして、全く違和感のない素晴らしい演技を見せてくれました!

 

本編については、大枠としてのストーリーは把握できたものの、込み入った設定の理解度は今一つなまま視聴終了となってしまいました。補足として原作の小説も読んでおきたいところです。

 

  • 視聴方法について

本作ですが、僕は動画配信サービス「hulu」で視聴しました。

 

Huluでは、「通常ストーリー」と「Huluオリジナルストーリー」のどちらも視聴することが可能となっています。

 

HuluオリジナルSTORY[公式]「星になりたかった君と~もうひとつの物語~」独占配信中!
出典:日本テレビ

 

スポンサーリンク

【星になりたかった君と】ドラマの感想とあらすじ・ネタバレ|日向坂46渡邉美穂主演【Hulu】

出典:日本テレビ

 

ドラマ情報・あらすじ

 

ドラマ情報

ドラマ情報

出演:眞栄田 郷敦、渡邉美穂(日向坂46)

原作:遊歩新夢「星になりたかった君と」

監督:薮内省吾(Robot)

話数:前編・後編(全2話)

 

本作品の原作は、小説になります。

ドラマでは尺の関係で駆け足気味な展開となっていたため、原作もチェックしてみたくなりました。

 

 

あらすじ

天文学者になる事を夢見ながら、人生に思い悩む大学休学中の鷲上秀星(眞栄田 郷敦)と、心臓を患い余命幾ばくもない琴坂那沙(渡邉美穂)。

 

2人は他人には心を開くことなく、星に魅せられていた。ある日、同じプラネタリウムを見にきていたところから2人の運命は交錯していく。

日本テレビより引用

 

予告映像

後編予告[公式]新春ドラマ「星になりたかった君と」2021年1月5日(後編)深夜24:59~25:29!
出典:日本テレビ

 

2021年ドラマ化!『星になりたかった君と』スペシャルPV(ロングver.)
出典:実業之日本社チャンネル

 

感想、考察書きます(ネタバレ含みます)

ここから先は、ネタバレ含みで感想や考察を書いていきます。

「それは困る」という方は、ブラウザバックをお願いします。

 

主演の渡邉美穂さんが素晴らしかった!

 

作者は訓練されたおひさま(日向坂46ファン)なので、メンバーが出演する作品はちゃんとチェックしています。

 

本作品「星になりたかった君と」では、渡邉美穂さんが主演を務めるということでとても楽しみにしていました。

 

渡邉美穂さんは日向坂46内でも演技が上手なメンバーの一人で、昨年行われたDASADAライブ(朗読劇)では迫真の演技を見せてくれています。(泣きました)

 

関連記事【DASADA配信ライブ】感想は、懐かしい気持ちになりました「Fall&Winter Collection」

 

琴坂那沙がハマり役だった印象

渡邉美穂さんが演じた「琴坂那沙」は、心臓病を患っており病弱な体になっていますが、元はチアリーディングに打ち込む活発な少女だったようです。

 

部活に打ち込むストイックさと、仲間に囲まれた日々、苦しくても弱さはなかなか見せないけど、時には弱さを見せるあたり、渡邉美穂さんに通じるものを感じました。

 

青春ストーリー、恋愛ものとして、全く違和感のない素晴らしい演技を見せてくれました!

 

渡邉美穂さんの演技に対する思い

渡邉美穂さんの、本作品そして演技に対する思いがブログにつづられています。

 

グループでのドラマや舞台を経験した事はあっても

1人で外の世界に飛び出していく事はなかなか無くて…

 

しかし、このような貴重な機会を頂いて

また新たな発見や課題も見つかり、自分自身の成長にも繋がったと思います。

 

前よりも自信がついたし

更にお芝居が大好きになったし

自分の進みたい道がより明確になったかなって!

渡邉美穂公式ブログ「星になりたかった君と」より引用

 

公式ブログ全文はこちらからご覧いただけます。

外部記事渡邉美穂公式ブログ「星になりたかった君と」

 

 

物語:クロノグラフ理論がちょっと難しい

さて、本編の内容についても触れておきます。

 

大枠としてのストーリーは把握できたものの、込み入った設定の理解度は今一つなまま視聴終了となってしまいました。

 

正直に言いますと、「クロノグラフ理論」や「大規模停電」、「パラレルワ-ルド」といった物語の重要なポイントになるであろう設定について、あまりピンときませんでした。

 

作者の理解力が悪いところもありますが、なぜ大規模停電の設定が必要だったのかも分からず仕舞いでした。(那沙の病状悪化の原因を作った?)

 

この辺りは、原作の小説を読んで理解を深めたいところです。

 

秀星はどうやってパラレルワールドに行った?

物語の終盤では、秀星がパラレルワールドに行き元気な那沙と再開するシーンになりますが、秀星はどうやってパラレルワールドに行ったんだろうか?

 

クロノグラフ彗星の軌道を計算して、天体望遠鏡に座標を打ち込んで、観測することでパラレルワールドにワープできるってことなのかな。(ドラマでは、望遠鏡を覗き込むシーンまで)

 

特定の条件が揃うとワープできる設定は、シュタゲの電子レンジ(仮)とブラウン管とDメールの関係を思い出しました。

会長
会長

にわかがSFを語るとボロが出るので、この辺にしておきます(笑)

 

パラレルワールドの那沙が元気で良かった

理屈はどうあれ、秀星は元気な那沙と再会出来てホント良かったですね。

 

いや、よく考えるとドラマのシーンは一つ目のパラレルワールドなのだろうか。もしかすると秀星は何度もワープを繰り返してやっと元気な那沙に出会えたのかも。

 

テレビドラマ版とHulu版でラストシーンが異なるのは、やはりそういうことなのだろうか・・・。

 

がなふぁい
がなふぁい

パラレルワールドの話になると、どうしてもひぐらしとかシュタゲが浮かんでしまう・・・。

会長
会長

だから、にわかはその辺にしときなよ・・・。

 

huluでは、「通常ストーリー」と「Huluオリジナルストーリー」のどちらも視聴することが可能となっているため、見比べてみると面白いですよ。

 

那沙の姉役の高月彩良さんも気になる

 

個人的な感想ですが、那沙の姉役「高月彩良」さんにも注目していました。

 

作者は、映画「人狼ゲームシリーズ」が好きで動画配信サイトにアップされている作品は全て視聴済みなのですが、その一つの主演が「高月彩良」さんなんですよね。

 

人狼ゲーム クレイジーフォックス

映画『人狼ゲーム クレイジーフォックス』予告編
出典:moviecollectionjp

高月彩良さんが演じる主人公のキャラが割と独特というかサイコパスで怖いんですが、その反面魅力的なんですよね。

 

本編は描写が過激なので、それでも気になるという方はぜひ観てみて下さい。

 

映画「人狼ゲームシリーズ」は、動画配信サービス「Amazon prime video」で視聴することが出来ます。

 

まとめ

以上、先日放送されたドラマ「星になりたかった君と」を視聴した感想について思うままに書いてみました。

 

渡邉美穂さんの演技がとても素晴らしかったので、別の作品もぜひ見てみたいと思いました。

 

本作品は1時間弱の短編なので、まだチェックしていないという方は、ぜひ1度見てみて下さい。