【日向坂で会いましょう】春日の「待たせたな!」って元ネタがあるの?

日向坂46

こんにちは、がなふぁいです。

 

日向坂で会いましょうは、毎週欠かさず観ています。

最近気になっていることをツイートしました。


番組がひなあいに変わってから、オープニングの掛け声?が「待たせたな!」に変わりました。

最初は、「ヘッ、待たせたな」だと思ってたのですが、「ヘッ」はサングラスを取るときの効果音っぽいですね。

番組も変わったということで、掛け声もリニューアルですね。

新掛け声についてはどうも元ネタがあるみたいなので、調べてみました。

 

スポンサーリンク

坂道グループの冠番組|掛け声一覧

オープニングでMCが一言何かやるのは坂道系冠番組の伝統みたいですね。

ちょっとまとめてみました。

 

坂道系冠番組で比較

■乃木坂工事中 → バナナマン・設楽「ドン!」

■欅って、書けない → ハライチ・澤部「バコーン!」

■ひらがな推し → オードリー・春日「ちゅど~ん!ごほごほ・・・」

■日向坂で会いましょう →  オードリー・春日 「待たせたな!」

番組を観ていると、乃木中とけやかけの掛け声はテンポが良くて次の場面にさっといける印象であっさりしてますね。

がな推しとひなあいに関しては、掛け声にしっかり時間を掛けていて残しも長い印象です。

 

衝撃音で合わせていたのに

ひなあいの第1回放送で、春日が「待たせたな!」を披露しました。

それを受けて、若林は「衝撃音で合わせてたのに~」とコメント。

言われてると確かに、「ドン!」 「バコーン!」「ちゅど~ん!」とこれまでの掛け声は全部衝撃音ですね。

 

「待たせたな」の元ネタ・由来

どうやら元ネタは、「コント赤信号」のギャグみたいですね。

番組でもそう解説していました。

コント赤信号(コントあかしんごう)は、3人からなるコントグループ。略称は赤信号。
・渡辺正行
・ラサール石井
・小宮孝泰

赤信号を有名にした暴走族コントは渡辺が設定を考案し、「福助の足袋」「丸井よ」のフレーズや偏差値ネタは渡辺が書いた台本が基本となっている。「兄貴!兄貴!」「待たせたな」等のギャグは、ホープが考案して赤信号に授けた 。特に「待たせたな」は、今でも希に用いる。

ウィキぺディアより引用

由来については、春日なりに考えがあってこのギャグをチョイスしています。

日向坂で「待ち合わせ」をイメージして、「待たせたな!」を採用したみたいです。

 

まとめ

元ネタ・由来については、ひなあい第1回目放送の冒頭で解説していますので、そちらも合わせて御覧いただくと良く分かります。