【上村ひなの】キャッチコピーは2種類あった【変化球じゃない方】

メンバー情報

こんにちは、がなふぁい(@ganafai46)です。

 

日向坂46期待の3期生といえば、「上村ひなの」さんですよね。

メンバーから溺愛されて、すくすくと育っています。

 

上村さんといえば、キャッチコピー「いつでもどこでも変化球、ひなのなの」が有名で、デビュー当時はたびたび使われていました。良く出来た印象深いキャッチコピーに、メンバーやファンもマネするほどです。

 

実は、上村さんのキャッチコピーにはもう一つ(変化球じゃない方)あるのですが、皆さんはご存知でしょうか。僕も忘れていたというか、知らなかったのですが、先日のラジオ番組で披露していました。

 

今回は、上村ひなのさんのキャッチコピーを2つ紹介したいと思います。 

この記事で伝えたいこと

・上村ひなののキャッチコピーは2つある

・キャッチコピー誕生について

 

スポンサーリンク

上村ひなの:キャッチコピーは2種類あった

上村さんは、2つあるキャッチコピーを使い分けているようです。

 

2つのキャッチコピー【変化球じゃない方とは】

上村ひなののキャッチコピー

「いつでもどこでも変化球!ひなのなの!」

「てく てく てく どてっ!!ドジ村からやってきた上村ひなのです!!」

上記2つが、上村さんのキャッチコピーです。

先日のラジオ番組「日向坂46のオールナイトニッポン0」に上村さんが出演していて、その時の自己紹介で「てくてく~」のキャッチコピーを使っていました。

 

よく使われている「変化球の方」は知っていたのですが、「ドジ村(変化球じゃない方)」は初めて聞いたフレーズだったので、正直驚きました。

こんなキャッチコピーあったっけ?って感じです。

 

  

キャッチコピー誕生話

どうしても気になり調べてみたら、実は「ひらがな推し」の上村ひなの登場回で紹介されていました。

上村ひなののお母さんが考えてくれたキャッチコピーが、「 てく てく てく どてっ!!ドジ村からやってきた上村ひなのです!!」だったようです。

 

これはさすがに覚えていませんでした。メンバーのお母さんがキャッチコピーを考えてくれるという企画は、欅や日向で以前にもあったかと思います。ただ、考えてくれたキャッチコピーを実際に使うっていうのは、珍しいと思います。

 

どちらかというと自虐的なキャッチコピーですが、上村さん的には気に入ったのでしょうか。

 

 

キャッチコピーの使い分けについて

2つのキャッチコピーですが、使い分けについて僕なりに考えてみました。

今回、ラジオ番組で初めて「ドジ村」の方のキャッチコピーを披露していましたが、使い分けの意図を感じました。

 

2つのキャッチコピーでは、自分の名前をあだ名(ニックネーム)で言っているか、正式なフルネームで言っているかの違いがあります。

上村ひなののキャッチコピー

「いつでもどこでも変化球!ひなのなの!」

「てく てく てく どてっ!!ドジ村からやってきた上村ひなのです!!」

 

自己紹介で自分の名前をしっかりと伝えるときは、「ドジ村」を使用して、一芸披露の時には「変化球」を使用するという具合です。

※僕の単なる思い付きなので、違うかもしれません。

 

アイドルがデビューの時に作ったキャッチコピーは、なかなか定着せずに使われなくなるケースが多い印象です。上村ひなのさんにはぜひ、末永く2つのキャッチコピーを使って頂きたいなと思います。

メンバー情報
スポンサーリンク
がなぷら