「3年目のデビュー」の評判がとても良いですが、観に行って納得しました【日向坂46】

日向坂46
がなふぁい
がなふぁい

公開日から約1ヵ月、出遅れましたが3年目のデビュー観てきましたよ!

 

日向坂46初のドキュメンタリー映画「3年目のデビュー」が、2020年8月7日から全国公開されています。

 

かなり出遅れましたが、僕も映画館で観に行くことが出来ました!

 

 

前評判通りの素晴らしい作品で、たくさん泣いてしまいました。

この感動を残したいと思いまして、感想を書いてみることにしました。

 

よろしければ、ぜひ最後までご覧ください。

 

 

スポンサーリンク

「3年目のデビュー」の評判がとても良いですが、観に行って納得しました【日向坂46】

出典:unDraw

この映画は間違いなく、おひさま必見ですね!

 

映画情報・あらすじ

 

映画情報

映画情報

主演:日向坂46

監督:竹中優介

劇場公開日:2020年8月7日

時間:119分

 

あらすじ

昨年2月に「けやき坂46(ひらがなけやき)」から改名し、1stシングル「キュン」が発売初週で47万枚を売り上げるなど華々しいデビューを飾ったアイドルグループ「日向坂46」。

 

彼女たちにとって初となるドキュメンタリー映画が、2020年に公開決定しました。

 

昨年末に「NHK紅白歌合戦」に初出場するなど、大躍進を遂げた日向坂46のデビュー1年目に完全密着。

 

日々拡大するグループの人気。その裏側に隠れたメンバー一人ひとりの苦悩。

 

自分たちだけの名前を手に入れてからもなお、常に危機感を持ち、「日向坂46」としての魅力を探し求める姿を描きます。

 

先輩グループ・欅坂46の存在感に圧倒されながら、自分たちのアイデンティティを模索し続けた「けやき坂46」としての3年間。

 

改名という大きな変化をきっかけに、最大風速で2度目のスタートを切った日向坂46。

 

しかしその裏側で、メンバーたちは大きな壁を乗り越えようと必死になっていました。

日向坂46ドキュメンタリー映画「3年目のデビュー」公式サイトより引用

 

予告映像

日向坂46ドキュメンタリー映画『3年目のデビュー』予告

 

 

3年目のデビュー感想(ネタバレ含む)

出典:unDraw

 

ここから先は、ネタバレ含みで感想や考察を書いていきます。

「それは困る」という方は、ブラウザバックをお願いします。

 

この映画を観れば、日向坂46のあゆみが分かる

全体的な感想ですが、これはズバリ観に行って良かったなと思いました。

 

日向坂46にあまり詳しくない方も、ガッツリファンという方も楽しめる構成になっていたと感じています。

 

映画の構成はこんな感じです

・ひらがなけやき結成から、日向坂46デビューまでの流れ

・ひらがな時代の苦悩

・日向坂46時代の活躍

・メンバー数人にスポットを当てて、個々のストーリー

 

ひらがな時代のお話については、僕自身知っている内容がほとんどだし、映像も見たことのあるシーンが多く使われていたため目新しさはそれほどありませんでした。

 

その分、あまり詳しくない方向けとして、非常に完成度が高かったと思います。

 

一方で、日向坂46になってからの映像は初出しが多かったので、楽しむことが出来ました。

 

全体の概要的な内容は、いろんなメディアで書かれているのでここでは細かく書かないことにします。

 

ここからは、僕自身が印象に残った場面の感想を書いていきます。

 

 

キャプテンの存在がとても大きい

このことについては、映画を観る前から何度も感じていたことです。

 

日向坂46のキャプテンは1期生の佐々木久美さんですね。

 

佐々木久美さんがキャプテンに就任したのは、ひらがな時代の2018年ですが、キャプテンになる前からグループのリーダー的存在でした。

 

ひらがな時代のアンダー的ポジションに苦しんでいた時も、キャプテンの存在がメンバーの支えになっていたことは間違いないでしょう。

 

「礼儀正しさ」、「ハッピーを届ける存在」、「皆で楽しむ」といった、今の日向坂46を形作っている要素は全て、キャプテンが土台となっているといっても大げさではないように思います。

 

この映画を観て、キャプテンの存在の大きさを改めて感じました。

 

映画を観て、柿崎芽実とお別れをしました

3年目のデビューでは、元メンバーの柿崎芽実さんについて割と長くスポットを当てていました。

 

それだけ彼女の卒業の衝撃は大きかったんだと思います。

実際に当時、卒業発表を耳にしたときは、相当ざわつきましたからね。

 

 

僕も柿崎芽実さんを応援していましたので、映画館に「かきざきめみタオル(ひらがなくりすます2018)」を持って行って、涙を拭きました。

 

改名発表の時に、唯一困惑する表情を見せていた柿崎芽実さんですが、まさか卒業するとは思っていませんでした。

 

今回の映画では、柿崎芽実さんの活躍から卒業に至るまでの流れを、しっかりと観て理解することが出来ました。

 

映画を観終わって、当時若干抱いていたもやもやが消えてなくなったように感じて、晴れてお別れすることが出来たのかなと思っています。

 

メンバーの涙には勝てないです

TwitterやYouTube等各メディアでは、「映画を観て泣きました」という感想が数多く投稿されていますが、僕も例に漏れず結構泣きました(笑)

 

僕、困ってます
僕、困ってます

なぜそんなに泣けるんですか?

がなふぁい
がなふぁい

メンバーが泣いてる姿を見たら、こっちも泣いちゃうよ

 

映画では、シングルのフォーメーション発表の様子が何度か映し出されて、その時のメンバーの涙がもうなんとも言えなくて、涙です。

 

ファン目線だと、日向坂46はグループの一体感が強くて、どのポジションでも関係ないっていうイメージが少なからずあるのですが、メンバー的にはやはりフロントに選ばれると嬉しさがあるんでしょうね。

 

4thシングル「ソンナコトナイヨ」のフォーメーション発表で、東村芽依さんがフロントで呼ばれたときに流した涙はとても美しかったです。

 

 

以上、印象に残った内容について感想を書いてみました。

日向坂46はこれからも坂を上り続けていきます。僕も一人のファンとして応援していき、元気をもらいたいと思います。