【体験談】もしもアフィリエイトでまさかの審査落ち!原因はパブリシティ権にありました

ブログ情報

こんにちは、がなふぁい(@ganafai46)です。

 

各所でオススメされている、「もしもアフィリエイト」

僕もブログで商品紹介をしてみようと思い、もしもアフィリエイトに登録してみたのですが、まさかの審査落ち(見送り)メールをもらってしまいました。

 

悔しくてトコトン原因追及をしたところ、「パブリシティ権」というルールの存在にたどり着きました。

この記事では、僕が体験した「もしもアフィリエイト」審査落ちから、「パブリシティ権」を知り、ブログを改善して再審査に合格するところまでの流れを順番に説明したいと思います。

 

この記事で伝えたいこと

・審査落ちの原因追及(パブリシティ権の侵害)

・再審査に向けた対策(twitter埋め込み)

 

スポンサーリンク

もしもアフィリエイトでまさかの審査落ち!

審査落ちの原因は、おそらく「パブリシティ権」の侵害です。

 

もしもアフィリエイトとは

もしもアフィリエイトは、初心者から上級者まで幅広い層にお勧めできるASPです。ASPを紹介されているブロガーさんが多数いらっしゃるので、ここでの詳細な説明は省きます。

 

僕が利用したいと思った理由は、「Amazonの審査が本家と比較して緩いらしい」という点です。せっかく商品を紹介するなら、Amazonが良いなと思っていたので。

 

登録の翌日にログインが出来なくなった

早速サイトの登録を行いました。

登録完了後にAmazonの提携審査の申請を行い、待ってる間は「楽天市場」のリンクで2,3点商品のリンクをブログに貼り付けました。

 

翌日の夜にAmazonの提携審査の結果を確認しようと、「もしもアフィリエイト」にログインしようとしたところ、ナゼか出来ませんでした。

「意味が分からん」と思っていろいろ調べていると、「株式会社もしも」からメールが届いているのを見つけ、審査落ちしたことを知りました。

どうやらAmazonの提携審査落ちでは無くて、もしもアフィリエイトそのものの審査に落ちたということのようです。

 

もしもアフィリエイト自体に審査があることを知らなかったので、正直驚きました。そして悔しさがこみ上げてきました。

 

審査落ち(見送り)を受けて、原因調査

・過去にすでに登録があり重複登録となった場合
 (お一人様1アカウントのみご利用可能です。登録済みのアカウントをご利用ください)
・登録情報に欠けている部分があると判断された場合
 (住所の番地未入力、名字のみ・名前のみ、ニックネームでのご登録)
・登録情報が不正登録防止フィルタに該当した場合
・サイトURLのリンクが切れている場合
・サイトのコンテンツが公序良俗に反している場合
・その他、適切ではないと判断された場合

 

ご登録希望の方は、上記に注意して別のメールアドレスであらためてご登録ください。

株式会社もしもより引用

送られてきたお見送りメールは、上記の内容です。

消去法でおそらく、「その他、適切ではない」と判断されたのだなと思いました。

 

もしもアフィリエイトのサイト内に、上記のページがあることを見つけました。この中から、僕のブログに当てはまりそうな条項の洗い出しです。

 

わりとすぐに分かりました。

パブリシティ権を侵害するおそれがあるサイト

これだなと思いました。

 

パブリシティ権に違反していそう

パブリシティ権(パブリシティけん、英: right of publicity)またはパブリシティの権利は、人に備わっている、顧客吸引力を中核とする経済的な価値(パブリシティ価値)を保護する権利を言う。

ウィキペディアより引用

お恥ずかしながら、パブリシティ権というものを今回の一件で初めて知りました。いろんなサイトを見て勉強しました。

要するに、芸能人(アイドル)の画像はそれだけで経済的な価値が生じるので、許可なく使用することは価値の侵害に当たるという事のようです。

 

僕のブログは、日向坂46というアイドルグループを応援するサイトです。ブログの記事では、日向坂メンバーの顔が映っている画像を多用していました。

著作権のいうルールは知っていたので、引用という形で使用していたのですが、パブリシティ権に関してはおもいっきり侵害していたようです。

本当に申し訳ありませんでした。

 

導入を検討されている方は、こちらの記事もご覧ください。

 

健全なブログを作っていきたい

息の長いブログ運営のために、根本から対策します。

 

パブリシティ権の対策実施

パブリシティ権の対策

・ブログ内の記事で、パブリシティ権に該当すると思われる画像を全て削除

・アイキャッチ画像も、自分で作製した画像に差し替え

対策として、上記の内容を実施しました。単純ですが、これが一番手っ取り早いですよね。

自分なりに頑張って設置した画像だったので、削除にあたって少しだけ抵抗がありましたが、「パブリシティ権」について理解を深めていたので、潔く作業を行えました。

 

画像は公式twitterの埋め込みで対応

日向坂メンバーの画像が無くなり、記事が殺風景になってしまいました。これはこれで寂しいと思い、何か手はないかと更に調べてみました。

 

すると、「公式twitterの埋め込みは大丈夫かも」という見解の記事が多かったため、やってみることにしました。

※絶対大丈夫というわけではないため、実施の際は自己責任でお願いします。

画像の対策

・twitterの埋め込みを利用

・引用元のtwitterアカウントは「公式」のみ

 

もしもアフィリエイト再審査に合格

1日がかりの突貫作業で対策を完了させ、もしもアフィリエイトの再審査に臨みました。

 

結果は、「審査合格」となりました。

正直、めっちゃうれしかったです。

 

この結果から分かったことが2つあります。

再審査合格で分かったこと

・審査落ちの原因は「パブリシティ権」の侵害

・twitterの埋め込みは有効(もしもアフィリエイトの審査においては)

上記の内容は、今回の「審査落ち→再審査合格」の流れを踏まえると根拠のあるものだと思います。頑張っていろいろ調べた甲斐がありました。

 

Amazonの提携も合格

同時に行っていたAmazonの提携審査にも合格することが出来ました。

これで、当初の目的であった、Amazonの商品紹介をする下準備が整ったというわけです。

  

登録費用は0円なので、無料でもしもアフィリエイトを始めることが出来ます。

当然ですが、「登録しないとご自身のサイトを審査してもらえません」ので、ぜひこの機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

今後も日向坂46・欅坂46の魅力を伝えていきたい

今回の一件で、健全なブログ運営をするための知識が「より一層」身についたと実感しています。もしもアフィリエイトに申請しなければ、「パブリシティ権」について知る機会は無かったかもしれません。

 

今後も、後ろめたさを感じることなく日向坂46・欅坂46の魅力を伝えられる記事を書けるように、日々努力していきたいと思います。