【イコラブ・ノイミー】オンラインお話し会に参戦!時間や注意点、心得などレポしていきます

=LOVE(イコラブ)
僕、困ってます
僕、困ってます

オンラインお話し会の時間とか注意点など、参加した方の感想が知りたいです。

 

こんなお悩みを持っている方へ。

 

  • 本記事の内容
記事の内容
  • オンラインお話し会とは?
  • 参加する準備や注意点など
  • お話し出来る時間や雰囲気をレポ
  • 参加の心得(コツ)を紹介

 

  • 本記事の作者
がなふぁい
がなふぁい
  • 2019年は、握手会(10回)やライブ(15本)に参戦
  • ≠MEファン歴は約1年

 

この記事を書いている作者は、ノイミーのファン歴が約1年です。

2019ラグーナフェスでノイミーに出会いました。

 

今回は、イコラブ・ノイミー合同開催の「オンラインお話し会」について書いていこうと思います。

 

 

コロナの影響で、これまで行われてきた「握手会」が「オンラインお話し会」に変更となりました。

 

まだまだ未知数のイベントということで、メンバーもファンも戸惑いながら行っている状況かと思います。

 

本記事では、実際に作者がオンラインお話し会に参加した感想(レポ)と合わせて、仕組みや注意点について解説していこうと思います。

 

ぜひ最後まで読んで頂き、オンラインお話し会について理解を深めて頂けると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

【イコラブ・ノイミー】オンラインお話し会に参戦!時間や注意点などレポしていきます

Image by Pexels from Pixabay

 

オンラインお話し会とは?

「オンラインお話し会」は、メンバーとお客様との1対1の会話を、スマートフォンやタブレット越しにビデオ通話にて行う会です。

 

1対1のトークをお楽しみください。

 

なお、ビデオ通話には、スマートフォンアプリ「forTUNE meets」を使用いたします。

ノットイコールミー公式ページより引用

 

「オンラインお話し会」とは、握手会の代わりに行われるイベントのことで、ビデオ通話を使ってメンバーとお話しする内容となっています。

 

本来の握手会も、実態としてはメンバーとお話しをする場となっているため、代替イベントとしては問題ないかなと思っています。

 

もちろん、握手は出来ないし、メンバーと直接会えるわけではないので、全く同じと言うことは出来ませんけどね。

 

メンバーとコミュニケーションがとれる場を提供して頂いたことには、とても感謝しております。運営さんありがとうございます!

 

参加するために必要なもの

現時点では、「個別握手会」の振り替えイベントの位置づけとなっているため、「個別握手券」(データ上)を所持していないと、参加できません。

 

参加に必要なもの
  • 個別握手券(紙券は不要)
  • 身分証明書
  • アプリが使用できる端末
  • データ通信環境

 

紙の握手券は使いませんでした

オンラインお話し会には、「forTUNE meets」というアプリを使用します。

 

このアプリは、いつも個別握手券を購入している「forTUNE music」と連動しているため、ログインすることで所持している握手券が既に登録された状態となります。

 

結果的に、お手元にある紙の握手券を使う場面はありませんでした。

 

身分証明書は従来の握手会でも必要ですよね

本人確認ということで、身分証の提示が求められます。

 

住所や生年月日を見ているというよりは、単純に「顔認証」を行うためのようです。

 

対応している身分証の種類や、その他情報については公式ページ記載の内容をお読みください。

 

【経験談】オンラインお話し会に参加したので、レポしていきます

Photo by Daria Nepriakhina on Unsplash

 

参加準備:アプリ上で手続きがある

参加準備については、forTUNE meetsの使い方ページにとても分かりやすく書かれているため、こちらをご覧いただいた方が良いと思います。

 

ざっくりした流れは、下記の通りです。

事前準備の流れ

①forTUNE meetsアプリをダウンロード

②ログイン

③マイイベントから、参加する握手会を選択

④並ぶメンバーを選択

⑤音声の通信テスト

⑥握手券の枚数を選択

⑦呼ばれたいニックネームを入力

⑧本人確認【身分証の撮影・登録】

⑨本人確認【顔認証】

⑩順番が来るまで待機

⑪順番が来たらお話しスタート!

 

事前準備の工程は多いですが、一つ一つの手順が分かりやすいので、やり方に困ったところは特にありませんでした。

 

念のため、注意しておきたい項目をいくつか書き出してみます。

 

⑤音声の通信テスト

この項目で、相手から聞こえてくる音声の音量と、自分が喋っている音声が相手に届いているか確認することが出来ます。

 

自分が喋っている音声は、画面上にあるゲージが音量に応じ動くことで、認識できているか確認することが出来ます。

 

通信テストは繰り返し行うことが出来るので、しっかりと確認することをオススメします。

  

⑩順番が来るまで待機

自分の番になると強制的に始まり、持ち時間が無くなると終了します。

 

あと何人待ちか、約何分待ちか画面に表示されますので、うっかり自分の番をスルーしないように気を付けて下さい。

 

僕は待っている間ずっと緊張していて、待ち人数が減るたびにドキドキが加速していきました(心臓に悪い)

 

イコラブメンバーによる説明もぜひお読みください

イコラブメンバーの、大谷 映美里さん、髙松 瞳さん、野口 衣織さんがオンラインお話し会のやり方やポイントについて、実際に体験しながら説明してくれています。

 

とても参考になるので、今後参加されるという方はぜひ一度ご覧ください。

  

=LOVE(イコールラブ)/ オンラインお話し会のはじめかた
出典:=LOVE(イコールラブ)公式チャンネル

 

【イコラブ・ノイミー】オンラインサイン会に当選したので、レポしていきます【仕組み解説】

 

レポ:ノイミーのメンバー7人とお話ししました

改めて、今回参加してきたイベントは、2020年10月11日(日)開催の6thシングル『ズルいよ ズルいね』オンラインお話し会になります。

 

お話ししたメンバー

【第0部】

 鈴木瞳美さん、谷崎早耶さん、冨田菜々風さん

【第2部】

 菅波美玲さん、永田詩央里さん

【第3部】

 蟹沢萌子さん、櫻井ももさん

※全て「1枚」出し

 

お話し出来る時間は「1枚で7秒程度」

メンバーが画面に現れてから、消えてしまうところまで、実際にストップウォッチで計測したところ、「約12秒」という結果になりました。

 

ただし、お話し出来る時間という表現だと7秒程度になります。

お話し会の時間
  • 画面にメンバーが映ってから、喋り出しのラグ:約3秒
  • お話しが出来る時間:約7秒
  • 白いもやでフェードアウト:約2秒

1枚出しで、合計約12秒になります。

※今回参加したお話し会の結果なので、次回も同じ時間を保証するものではありません。ご注意ください。

 

数字上は長い印象ですが、体感的には思ったよりだいぶ短く、坂道グループの全握と同じくらいかなと思っています。(あくまで体感なので個人差はありますけど)

 

これは、画面越しの会話になるため、どうしても微妙なラグが発生するためだと考えられます。

 

今回は実際にお話をした、鈴木瞳美さん、菅波美玲さんのレポを紹介させてもらいます。

 

【第0部】鈴木瞳美さん 1枚出し

 

がなふぁい
がなふぁい

こんにちは~

ひぃちゃん
ひぃちゃん

こんにちは~

がなふぁい
がなふぁい

24girls観に行きます!

ひぃちゃん
ひぃちゃん

わぁうれしい、楽しみにしてる~

がなふぁい
がなふぁい

応援してます~

 

まだビデオ通話に慣れてなくて、ちゃんと聞こえているか心配でしたが、元気なお返事をいただけたのでとても嬉しかったです。ありがとう。

 

【第2部】菅波美玲さん 1枚出し

 

がなふぁい
がなふぁい

こんにちは~

みれたそ
みれたそ

がなふぁいさん、こんにちは~

がなふぁい
がなふぁい

いつもSHOWROOM観てます~

みれたそ
みれたそ

ありがとう、また観てね~(両手でハートマーク)

がなふぁい
がなふぁい

(うんうんと頷く)

 

最後のハートマークが可愛すぎて声が出ず、うんうんと頷いて終了となりました。ありがとう。

 

このやり取りで、オンラインお話し会の楽しみ方が理解できた気がします。

 

【ノイミー≠ME】メンバーの顔も名前も分からないけど、全国握手会に行ってきたin愛知会場【イコラブ6th感想】

 

オンラインお話し会の心得

最後に、オンラインお話し会での心得と言いますか、簡単なコツを紹介させてください。

 

実際に7人のメンバーとお話しをして、得られた体験を元に考えた内容となっています。

 

1枚出しの場合の内容になっています。複数枚出しの場合は、時間が長いので気を付ける点が変わるかもしれません。

 

画面が切り替わった瞬間に喋り出そう!

順番待ちが進み、自分の番になると画面上でカウントダウンが始まり、パッとメンバーが映し出されます。

 

そこから持ち時間が消費されるので、すぐに喋り出してください。

 

相手の様子をうかがっていると、どんどん持ち時間が無くなってしまうので、伝えたい言葉を声に出しましょう。

 

この考え方は、実際の握手会と似ているかもしれませんね。

 

背景とか気にしている場合ではない!

自分の顔以外にも、部屋にポスターや推しメンタオルを飾って、背景に映り込ませてメンバーに見てもらうという作戦があると思います。

 

もちろん作戦としてはアリですが、1枚出しではとにかく時間が短いため、やり取りが成立するかかなり不安です。

 

この方法は2枚以上出しの際に有効かなと考えています。

 

会話内容はシンプルに!

緊張すると上手く喋れなくなりますよね。

 

こちらがお話しした内容が、相手に伝わらない場合、言い直している時間が無いのがつらいところなんです。

 

言い直さずに済むようにするには、丁寧にはっきりと伝えることはもちろんですが、内容をシンプルなものにした方が無難でしょう。

 

これは、握手会(お話し会)に慣れているかどうかで変わると思います。

 

トークに自身が無いという方は、ぜひシンプルな会話を心がけてみて下さい。

 

以上、実際に作者がオンラインお話し会に参加した感想(レポ)と合わせて、仕組みや注意点について解説してみました。

 

正直、まだまだ伝えきれていない内容がたくさんあります。

別な記事で、細かく紹介出来たらなと考えています。