アイドルの顔と名前、覚え方のコツは興味を持つこと【経験談】

オタ活を楽しもう

こんにちは、がなふぁい(@ganafai46)です。

 

欅坂46、日向坂46は、全員顔と名前が一致します(約50人)。

気付いたら、覚えていたって感じです。

 

「1つのアイドルグループ全員の顔と名前が一致する!」なんて言うと、興味の無い人たちから驚かれたりします。

「すごいねー」、「よく覚えられるね」といった具合です。

でも当の本人は、メンバーのプロフィールにかじりついて必死に覚えたというわけではないんですよね。「気付いたら覚えていた」という感覚なんです。

 

この記事で伝えたいこと

・顔と名前、覚え方のコツは興味を持つこと

・興味を持つためには

 

 

スポンサーリンク

アイドルの顔と名前、覚え方のコツは興味を持つこと

興味を持つと、顔と名前はすぐに覚えられます。

「好きこそ物の上手なれ」といったところです。

 

経験談:興味を持つ=好きになれば、一瞬で覚えます

結論は単純で、興味を持つ、つまり好きになれば名前なんて一瞬で覚えられます。

逆に言えば、興味が出なければ覚えるのは大変でしょうね。

 

僕の場合は、一番初め「平手友梨奈」に興味を持ちました。次に、平手が所属しているアイドルグループ「欅坂46」を知りました。

そこから先はあっという間で、欅坂のキャプテンは「菅井」で副キャプテンは「守屋」で、ゆいちゃんずが「今泉」と「小林」で・・・となっていきました。

結果、欅坂46の21人(当時)の顔と名前を、2週間くらいで覚えられました。なんなら、あだ名もセットで覚えちゃってます。

興味を持つ流れ

①1人、気になる

②所属グループを知る

③グループ全員覚えちゃう

 

21人も覚えられるなんて、自分でも結構驚いています。

特に努力したわけではない、というのがミソなんですよね。

まさに、「好きこそ物の上手なれ」 状態です。

 

1グループ覚えるだけで、アイドル業界に明るくなる

およそ1年半前までの、僕のアイドル知識は、「モーニング娘。」で止まっていました。

AKB48のメンバーの名前もろくに覚えていない状況です。

 

欅坂46を覚えたことで、アイドル業界の構図がある程度理解できるようになったんです。

 

欅坂46は、坂道グループの一つで、他には乃木坂46、吉本坂46、日向坂46(当時けやき坂46)があるという事。坂道グループは、秋元康がプロデュースしていて、他にAKB48をはじめとする48グループがあるという事。

秋元系列以外には、ハロプロ系列があるという事。

 

欅坂46目当てで雑誌を読んでいたりすると、他グループのメンバーも載っているので、自然とそっちのメンバーも目にするようになります。

これまた自然と、アイドル業界に染まっていくわけなんですね。

 

非推奨:覚えるために、ノートに書く

興味は無いけど、顔と名前を覚えなきゃいけないという状況、果たしてあるのでしょうか?

 

覚えるために取る行動として、「ノートに書く」が挙げられます。

ただし、この場合は効果薄ですね。

 

興味が無い状態で覚えるのは、かなり難易度が高いからです。

素直に興味を持った方が早いと思います。

 

アイドルに興味を持つための方法

誰かに勧められて、調べるも良し。

自ら進んで、調べに行くも良し。

 

レベル①:番組を観たり、楽曲を聴いたりする

興味を持つきっかけ

・音楽番組を観る

・バラエティー番組を観る

・YoutubeでMVを観る

・楽曲を聴く

バラエティ番組を観ていて、気になる子が見つかる。調べたら、「日向坂46」の井口という子だった。

Youtubeでお気に入りのMVを見ていたら、おすすめ動画に「黒い羊」が出てきたので、試しに観てみた。あれ、なんかすごいぞ!「欅坂46」っていうグループなのか~。

始まりはこんな感じなんでしょうね。

 

僕もそうでしたが、「アイドル」というだけで偏見を持たずに、曲を聴いたり、MVを観たりすると案外良かったりするものですよ。

「試しに」というのが大事です。

 

 

レベル②:グループのメンバーについて調べてみる

気になるグループが見つかったら、メンバーについても調べてみましょう。

最近のアイドルは見た目だけではなく、ちゃんとした一芸を持っている子が割と多いです。

 

自分の得意なジャンルの特技を持っている子が居たりすると、興味がわいてくるかもしれません。

最近は、youtubeやブログで分かりやすくまとめられた動画や記事が沢山あるので、そういったものを調べると理解が早まります。

 

レベル③:ライブや握手会に行ってみる

グループのことがある程度分かってくると、今度はライブや握手会に行ってみたくなるんですよね。行ってみたくならなくても、興味があるなら行ってみるべきです。

 

画面越しで観るのと、実際に会場で実物を見るのでは、感じ方が全く違います。

実物に会おう

ライブだと、ファンの方も大勢いて雰囲気からして楽しくなる

握手会では、実際にメンバーとお話が出来るという非日常が味わえる

 

レベル③まで到達すれば、一人前のアイドルヲタクですね!

 

 

疑似恋愛とは違う:アイドルは応援するもの

一部を除きアイドルの立ち位置は、疑似恋愛対象ではなく「応援する」相手です。

 

野球やサッカーで、選手を応援することとまったくもって一緒ですね。

応援したくなる

「大谷 翔平」、見てるだけでワクワクしますよね。

本田 圭佑」、ついつい見ちゃいますよね。

「平手 友梨奈」 、惹きつけられる魅力ありです。

上記のように、スポーツ選手とアイドルで何ら変わりません。

 

アイドルを応援することで、みなさんの日常の中に非日常を与えてくれます。

人生を楽しむための趣味としては上々ですね。

 

そんなわけで、僕はこれからもオタ活に励むこととします。

アイドルに少しでも興味を持たれた方は、ぜひ「試しに」をキーワードに動き出してみることをお勧めします。