【初心者必見】握手会に参加する時の服装は、普通に私服でOKです|日向坂46、欅坂46

オタ活を楽しもう

こんにちは、がなふぁい(@ganafai46)です。

 

握手会は、「全握」、「個握」合わせて10回以上は参加しています。

いつしか着ていく服装に迷うことが無くなりました。

 

握手会に着ていく服装で、悩んだことはありませんか?

特に初めて参加される方であれば、握手会会場の雰囲気や、他のファンの方の服装に関してイメージが出来ないかと思います。

「ライブTシャツ」や、「推しメンタオル」、もしかして「ペンライト」も必要?などと、あれこれ考えてしまいますよね。

今回は、握手会に参加する時の服装について、記事にしてみました。

この記事で伝えたいこと

・握手会に参加する時の服装は私服でOK

・私服+オススメグッズの紹介

 

スポンサーリンク

握手会に参加する時の服装は、普通に私服でOKです

握手会に行くなら、普通に私服で大丈夫です。

浮いたりしませんよ。

大事なことは、握手券を忘れないこと。

 

目的はあくまでも握手なので

握手会の目的は、メンバーとの握手と会話です。

握手しながらお話しをすることに集中したいので、特別な格好(服装)は不要であるというのが、僕の意見です。

また、握手の時間はものの数秒なので、余程インパクトのある格好でなければ話題にならないと思います。

清潔感は必要だと思います

清潔感は、メンバーに対する最低限のマナーです。

服がひどく汚れていたり、洗濯せずに汗の匂いが残っていたりすると、メンバーも嬉しくはないですよね。

と言っても神経質になる必要は無くて、皆さんが普段外出する時に着ていく服装で十分だと思います。

 

会場の雰囲気:実際に私服の方が多いです

実際に握手会会場に来ているファンの方々は、どのような格好なのでしょうか。

ファンの服装

半数以上が私服です

上記の通りで、ファンの半数以上が私服であり、かつグッズ等も身に着けていません。

もちろん、特別な服装(ライブTやメンバー好みの柄T)や、グッズを身に着けている方もたくさんいますが、割合としては少数派になります。

 

意外と思われるかもしれませんが、これが実態です。

というわけで、私服で参加しても全然浮いたりしませんので安心してください。

注意点

※欅坂46、日向坂46の握手会会場の雰囲気で説明しています。他のアイドルの握手会は違う雰囲気かもしれませんので、注意してください。

 

無難:体調維持を優先した服装選び

握手会に参加してメンバーと握手をするためには、長時間の並びが避けて通れません。

待機列に並んでいる間は、基本立ちっぱなしです。

 

とにかくこの並びで多くの体力を消耗するため、服装は身体に負担の無いものを選ぶべきです。

服装選びのポイント

・季節に合った服装を選ぶ

・初めて着る服や靴を選ばない

・体にキツキツの服を選ばない

服装選びのポイントは、上記の通りです。

 

並んでる途中で体調を崩してしまうと、最悪の場合握手が出来なくなってしまいます。

ゆっくり休憩できる場所もなければ、トイレも混んでいて自由に使えません。

特に初心者の方は、体調面のケアに注力してください。

 

握手会でのオススメグッズ(装備)紹介

私服で問題ないことは分かったけど、そのまま行くのはなんか味気ないかも。

どうせなら、メンバーにアピール出来るものが欲しい。

そういった方向けに、オススメの装備を紹介します。

 

握手の時は手ぶらになる

握手をする際には、私物(荷物)の持ち込み規制があります。

メンバーのレーンに並び、メンバーの居るブース手前まで来たら、設置されているカゴに荷物を預けなければなりません。

ブースに持ち込めないもの

・カバン等の荷物

・スマートフォン(ケータイ電話)

・手に持っているもの全て

※身に着けているものは、持ち込みOK

上記の通りです。

ペンライトやメンバーが好きなぬいぐるみ等は、手で持っていけないのです。

これから握手をするというのに、手がふさがっていては意味がありませんから、当然の対応ですよね。

 

私服+チケットホルダーがオススメ

僕のオススメは、「私服にプラスしてチケットホルダーを首から下げる」です。

チケットホルダーには、今から行くメンバーの生写真をセットします。

これだけです。

必要なモノ

・グループのチケットホルダー

・握手をするメンバーの生写真

 

首から下げているので、握手ブースに持ち込めます。

身軽な装備でありながら、メンバーに程よくアピール出来るので、この装備は非常に気に入っています。

 

僕なりに試行錯誤しました

これまで僕は、ライブTシャツを着て行ったり、ラバーバンドを付けたり、推しメンタオルを首から下げたりといろいろ試してみました。

別に悪くは無かったのですが、下記の理由でやめました。

見出し

・装備が多くなり、荷物が増える

・この装備に、メリットを感じられなかった

初心者のうちは、シンプルイズベスト的考えで握手に参加しましょう。

大事なのは、メンバーとの「握手と会話」です。

 

慣れてきたら、自分に合った装備で

ここまで、「握手会は私服で問題なく、身軽な装備で挑もう」と紹介させてもらいました。

この内容はあくまで初心者~中級者向けです。 

握手会にはもう十分慣れていて、メンバーにガンガンアピールしていきたいというファンの方も多いと思います。

 

ご自身経験値や体力等を踏まえて、自分に合った装備で握手会を楽しんでください。

ちょっと上から目線な締めくくりで申し訳ありません。

僕も自分が良いと思った装備で、今後の握手会も楽しんでいきたいと思います。