【PassCode】アルバム「STRIVE」とサインチェキが届いたので、開封していきます【リミスタ】

PassCode
がなふぁい
がなふぁい

PassCodeの新アルバム「STRIVE」が届いたので、開封していこうと思います!

 

PassCodeのメジャー3rdアルバム「STRIVE」が、2020年12月23日にリリースされました。

 

さらにSTRIVE発売記念イベントとして、リミスタ・インターネットサイン会が行われました。

 

 

僕もインターネットサイン会に参加することが出来たので、イベントの様子や実際に届いたグッズの紹介をしていこうと思います。

 

PassCodeやインターネットサイン会に興味のある方は、ぜひ最後までご覧ください。

   

スポンサーリンク

【PassCode】アルバム「STRIVE」とサインチェキが届いたので、開封していきます【リミスタ】

出典:リミスタ

 

PassCodeとは

PassCodeは、2016年にメジャーデビューを果たした4人組のアイドルグループです。

 

PassCodeメンバー
  • 南菜生(みなみ なお)
  • 高嶋楓(たかしま かえで)
  • 今田夢菜(いまだ ゆな)
  • 大上陽奈子(おおがみ ひなこ)

 

楽曲の特徴としては、アイドルグループとは思えないゴリゴリのラウドロックサウンドで、アイドル系フェスからロック系フェスまで幅広く参加し活躍しています。

  

オートチューン(機械声)にピコピコサウンド、そして今田さんのシャウトが絶妙にマッチして、一度ハマると抜け出せなくなる魅力があります。

 

関連記事【PassCode】おすすめの楽曲をハッカー歴1年の僕が選んでみた【Amazon music】

  

PassCode – SPARK IGNITION
出典:PassCode Official

 

「STRIVE」とサインチェキ開封していきます

早速、自宅に届いたアルバム「STRIVE」とサインチェキを開封していこうと思います。

 

商品の内容物
  • STRIVE初回盤(サイン)
  • ソロチェキサイン(高嶋楓)

 

開封前の外観

外梱包から取り出した状態の写真になります。

 

アルバムとチェキが同じビニール包装に入っていたので、取り出した瞬間にかえちゃん(高嶋楓)とご対面でした。

 

実は、インターネットサイン会の配信ではチェキの写真がよく見えなかったので、開封したタイミングでやっと見ることが出来たんですよね。

 

がなふぁい
がなふぁい

チャラい感じのポージング、イイね!

会長
会長

かえちゃんはいつだってムードメーカーですな

 

開封後の外観

ビニール包装から取り出した状態の写真になります。 

 

アルバムとチェキに、それぞれかえちゃんのサインが入っています。

  

先着順とは言え、新作アルバムとメンバーチェキ(サイン付き)が定価+送料で手に入るって相当破格だと思うのですが、皆さんどう思いますか?

 

PassCodeのメンバーが、一つ一つ丁寧に手書きでサインをしてくれたものなので、大切に持っていようと思います。

 

STRIVE初回盤の中身です

アルバム「STRIVE」の中身はこんな感じになっています。

 

STRIVE初回盤内容
  • CD
  • DVD
  • 歌詞カード

 

アルバム収録全12曲(CD)の感想やインタビュー&ドキュメンタリー(DVD)の内容もとても良かったので、別途記事にする予定です。

 

自身最大規模・最多動員 「CLARITY Plus Tour 19-20 」ツアーファイナル STUDIO COAST 2DAYSを完全ソールドアウト!初のオリコンシングル1位も獲得し勢いにのる4人の新曲を含む全12曲を収録。初回限定盤には各シングルMVに加えてBehind The Scenes、ロングインタビュー&ドキュメンタリーなど約30分のDVDを収録!

universal musicより引用

 

 

インターネットサイン会の感想

出典:unDraw

PassCodeのインターネットサイン会に参加した感想を、簡単にまとめてみました。

 

メリット、デメリットありますが、僕個人としては次回も開催するようであれば参加したいと思いました。

 

申し込みは先着順

インターネットサイン会には、リミスタというプラットホームから応募しました。

 

申し込みは先着順となっていて、事前にイベント日程と希望商品を選び購入することで参加が可能となります。

 

詳細な日程や商品概要については、下記の特設ページをご確認ください。

 

外部リンク【12/21-24】PassCode ニューアルバム「STRIVE」発売記念インターネットサイン会

 

 

サイン会のメリット・デメリット

実際に参加してみて感じた、メリットとデメリットを挙げていきます。

 

メリット① 良心価格

今回のインターネットサイン会では、購入特典としてメンバー直筆サイン入りのポスターもしくはチェキを頂戴することが出来ます。

 

価格としては、アルバムの定価(初回盤で4,400円)と送料910円の合わせて5,310円でした。

 

普通では?と思われる方もいるでしょうが、僕個人としては安いと感じました。

 

メリット② 名前を呼んでもらえる

サイン会の様子は、PassCodeとリミスタのYouTubeチャンネルにて配信されました。

 

実際にメンバーがポスターやチェキにサインを描いて、参加者の名前(ニックネーム)を呼んでくれます。

 

昨今の新型コロナの状況下で交流の場が減っている中、このようなイベントはファンとしてもかなり嬉しいですよね。

 

デメリット① 商品の到着が遅い

デメリットなんて無いよ!と言いたいところですが、強いて挙げるとすれば商品の到着が遅いことですね。

 

がなふぁい
がなふぁい

文句は全くありませんよ!

 

23日開催特典を購入し、手元の届いたのが30日でした。

 

これはイベント開催日程が、アルバムの発売日と被せてあるため仕方のないことではあります。

 

メンバーがイベント当日に描いたサイン特典を、一つ一つ梱包して発送するわけですから、1週間程度かかるのは当然のようにも思います。

 

ただ、発売日にCDで音源を聞いたり、DVDが観れないというのはなんとも悲しいですよね。(さらにもう1枚買うというわけにもいきませんし・・・)

 

会長
会長

到着が遅いことについては、割り切るしかないですね。

 

まとめ

以上、新アルバム「STRIVE」インターネットサイン会の感想や、実際に届いたアルバム・チェキの紹介でした。

 

少しでもPassCodeのことが気になったという方は、ぜひ一度音源を聴いてみて下さい!

 

関連記事【PassCode】配信視聴ライブレポ!セトリで振り返る「STARRY TOUR 2020 FINAL」の感想

 

PassCode
スポンサーリンク
がなぷら